2008年10月31日

メンズケアにおける保湿について

2008092633652_4.jpgメンズケアで常用なのは、やっぱり保湿です。
では、それについて書いてみましょう。

肌にとって乾燥はマイナスです。
なので、化粧水などで潤いを与えるわけですが、そのまま放置したのでは、結局蒸発してしまい元も子もなくなります。

そんなときに出てくるのが、乳液などの保湿成分を含んだコスメですね。
大ざっぱに言うと、潤いを閉じ込めるといった役割を果たします。
また、外部の刺激から保護する働きをしてくれるものもあります。

使用法は化粧水ほどは気を遣わなくていいと思います。

製品に応じた適量を手にとって、乾燥しやすい箇所から顔全体にやさしくマッサージするように伸ばしていきましょう。
目尻などの皮膚が弱い箇所は、重ね付けするもの有効だと思います。

ひと通り伸ばすのが終わり次第、顔全体を手のひらで包むようにしてみましょう。
これがポイントといえばポイントですね。
このように馴染ませるだけで随分違いますよ。
見た目が可愛くありませんので、少し気持ちワルめですが、出来ればやってみてくださいね。

メンズケアコスメなどでは、保湿成分を含んだローションなどがありますので、これですと2ステップで済むところがお手軽です。
忙しい朝などはイイかもしれませんね。

正直言うと、夏場などはベトつきやすくなるので、絶対に乳液が必要、とは個人的には言いません。
毛穴が詰まりやすくなるケースがあるので、状態をよく確認しながら使ってください。
以上で、デイリーケアはひとまず完了になります。



posted by タカ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

メンズケアにおける洗顔後の水分補給

2008091150609_3.jpgフェイスケアにおいて、洗顔後の水分補給はとても重要です。
洗顔後に放置したままだと、水分は逃げていく一方なので是非行うようにしましょう。

ここで扱うものは「化粧水」です。
「ローション」とも呼ばれますが、この言葉は、コスメ界ではもう少し広い意味でも使われているんです。
なので、どの段階で使うものなのか、製品の説明書をよく読み、間違わないようにしてくださいね。
ここでは、洗顔した直後に使用するものを指しています。

水分補給は、まだ洗顔直後で肌が潤っているときが勝負です。
スピード命ですね。
まあ、それほど大げさなことでもないですが、素早くに越したことはないですよ。

化粧水の使用方法ですが、手で塗っていく方法と、コットンを使う2つの使用方法があります。
それぞれ一長一短がありますので、好きな方法で行ってください。

手で行う場合は、適量を、下から上に向かって塗り付け、軽く叩くようにしてパッティングを行います。
何故下から行うかというのは、毛穴は全体的に下向きなため、毛穴からより効率的に浸透させる狙いで下から上へとなるわけですね。

てい
パッティングとはいいましても、叩き過ぎはいけません。
手で行う場合の利点は、肌状態を感触で確かめられること、それからお手軽なところでしょう。

次にコットンを使う方法です。
まず、コットンにやや多めに化粧水を浸して、乾燥しがちな箇所を中心にパッティングをします。
この時も下から上の意識をもってください。

コットンで使うことのメリットは以下の通りです。

☆指先よりパッティング効果が高く、目の周り等にも浸透させやすい。
☆化粧水が手に吸収されるのを防げる。手からこぼれたりもしない。

これらを参考にして正しいメンズケアを行いきましょうね。



posted by タカ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

メンズケアにおけるスクラブ洗顔について

今回は、メンズケアにおけるメンズケアにおけるスクラブ洗顔について
スクラブ洗顔について説明していきましょう。

スクラブ洗顔とはどのようなものなのか?
スキンケアやメンズケアコスメに疎い方であっても、ある程度はご存知かもしれません。
ザラザラが入っているアレですね。

スクラブ粒子の素材に関しては、天然成分のもの、マイクロ粒子など様々なものがあり、狙っている効果は同様です。
スクラブ粒子で汚れや古い角質を落として、健康な肌を露出させる、というものですね。

ピーリングも同じ角質ケアなのですが、分けて考えられるのが一般的なようです。

スクラブ洗顔については、作法などの決まった手順はないんですが、注意すべき点があります。

「毎日使えるスクラブ洗顔料!」と謳っている商品がありますが、これはあまりおススメできません。
というのも、毎日角質を削り取って大丈夫とは思えません。
実際、私は毎日強行して肌を痛めてしまった事があります。

代謝が活発な10代などの場合は目立たないかもしれません。
ですが、大人のスキンケアではそのような大胆なことは行えませんよね。

もし使用後に肌がザラついたり、白い粉が見えるようなら削り過ぎの可能性大です。
洗顔料を変更してみることを検討してください。

スクラブ洗顔は角質と毛穴のケアをするためと考えると、次のような洗顔が効果的です。

@.専用のスクラブ洗顔料で行う。
A.普通の洗顔→スクラブ洗顔、の2回洗いを心掛ける。
B.入浴時など血行が良くて毛穴が開いている効果的な時に行う。

2008090652021_5.jpg



posted by タカ at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

メンズケアの第一歩、洗顔の手順

メンズケアの洗顔について、正しい洗顔法を書いていきましょう。

まず、お使いの洗顔料を適量手に取ります。
そして、少し水を含ませて手の平でよく泡立てます。
ここが重要です。

少し水を多めに含ませ、通常よりも50%増しくらいの気持ちで、じっくり手の平で泡立てましょう。
すると、同じ洗顔料とは思えないほどの泡立ちが生まれます。
泡が汚れを吸着させますので、泡は多ければ多いほど、細かければ細かいほどいいんです。

十分に泡立ち次第、そっとマッサージするように顔に塗りつけていきます。
気をつけて欲しいのは「擦らない」という事です。
何故かというと擦り過ぎによって肌表面の角質を痛めてしまう場合があるからなんです。

これは、洗顔に限ったことではなく、すべてのプロセスにおいて共通の約束事であると思ってください。
あくまでもマッサージ程度で十分です。

小鼻やTゾーン周辺の脂浮きしやすいところを重点的に洗顔したあと、水やぬるま湯でしっかり洗い流します。
ちなみに熱いお湯を使うのは刺激になりますのでNGですよ。

そして、ここも手を抜きがちなのですが、すすぎ残しがないよう、顎の下も含めてしっかりすすいでください。
脂性肌の人は、すすぎは水でした方が、毛穴が引き締められる効果があるそうですので実践してみてください。

そして拭き取りです。
清潔なタオルで拭きますが、当然ここでもゴシゴシと擦るのは厳禁です。
軽く押し当てるか、もしくは叩くように当てるだけでOKです。

どうですか?
洗顔はメンズケアの基本です。
注意点ばかりですが、慣れればそれほど対した手間ではありません。
1週間も継続すれば、洗いあがりの肌が全く違う事に気付きます。
とにかく試してみてください。




2008091172546_2.jpg
posted by タカ at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

メンズケアの基本、洗顔について

2008090651824_3.jpgメンズケアという言葉は昔に比べて随分よく聞くようになりましたね。
では、メンズケアの手順という事で、今回はスキンケアにおける洗顔について簡単に書いていきます。

まず、質問です。
あなたは毎日どのように顔を洗っていますか?
石鹸や洗顔料を使って顔を擦ってジャバッと洗い流す?

これでももちろん間違いではありません。
ですが、実は直して欲しい箇所がいくつかあるんです。

ますは最初の儀式です。
手を洗いましょう。

何故?
洗うのは顔じゃないの?
確かにそうですが、これにはちゃんとした理由があるのです。

洗顔料が汚れを落とす仕組みというのは、擦り落とすことではなくて、むしろ泡に汚れを吸着させることというのをご存知でしたでしょうか?
そのため、洗顔料を十分によく泡立てる必要があるというわけです。

汚れた手でどれだけ洗顔料を泡立てようとしたとしても、それは手の汚れを落としているだけであって、まったく効果が上がらないのです。
それどころか、むしろそのまま顔につけるのは、顔に手の汚れを塗りつけているのと同じ事ですので、逆効果といえます。
なので、顔を洗い始める前にまずは手をよく洗うようにしましょうね。

あまり神経質になる必要はありませんが、少なくとも水道の流水で手を簡単に洗うくらいはするようにしましょう。
これによって、手の平での洗顔料の泡立ちは、それまでと全く違うようになるので、洗顔後の肌の触り心地も全然違ってきます。




posted by タカ at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

肌タイプを理解し正しいメンズケア(普通肌編)

2008090652020_2.jpg自分の肌質にあったメンズケア商品選びの参考にして頂ければと思っていますが、では普通肌の場合のメンズケアコスメはどのように選べばいいのでしょう?
それについて簡単に書いてみますので参考にして下さい。

これまで、特に大きな肌トラブルなどに見舞われることはなかった場合でも、決して油断はしないでくださいね。
普通肌の方は今のところ、ひとまず大きな問題こそないと思います。

ですが、今後もこのままずっと大丈夫だとは思ってはいけません。
油断は禁物です。
肌というものは基本的には18〜20才頃がピークと言われる事もあり、それ以降は徐々に下り坂になっていくというのが一般的です。
そして、30才を過ぎた辺りから、急激な下り坂になっていく場合が多いようです。
まあ、これは人によって個人差はありますけどね。

男性の肌というものは、基本的には脂性肌に偏りやすくなり、年齢を重ねるたびに肌の保湿力が低下してしまいます。

なので、現在は問題ないといっても普段から正しい洗顔、保湿などを行ってケアを怠らないようにしましょう。
せっかくの綺麗な肌がもったいないです。

それから、暴飲暴食や深酒、睡眠不足など、肌に悪い影響を与える要素はたくさんあります。
生活習慣にも充分に気を配って、綺麗な肌をキープさせてあげるようにして下さいね。
しっかりケアを行えば、若々しい肌をキープすることは充分に可能ですよ。



posted by タカ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

肌タイプを理解し正しいメンズケア(混合肌編)

自分にあったメンズケアコスメ選びの為にも、肌質や肌タイプの理解は必須といえます。
まずは肌タイプを理解しましょう。
今回は混合肌について説明します。

この肌質の方は実は結構多いのですが、あまり認識されていない方が多いです。
そして、メンズケアを行うには最も厄介なタイプかもしれません。

この混合肌とは、コンビネーションオイリー、あるいはコンビネーションドライなどと呼ばれる事もあります。
状態が乾燥と脂性のどちら寄りなのかで呼び名も異なってくるみたいですね。

この肌の特徴ですが、その名の通り、乾燥と脂性が同居している肌のこと指していて、具体的にいうと、おでこや鼻筋のTゾーンは脂っぽく、反対に頬などは、乾燥がちになって白い粉吹きが出ていたりするのです。

この肌タイプは、取り扱いが若干デリケートです。
脂性ケアを行うと乾燥部分がダメージを受けてしまい、乾燥ケアではギトギトが取れない。
そのようなジレンマが生じます。

正しいケアとしましては、乾燥と脂性両方のケアを部位により使い分けることが必要です。
洗顔は、脂性部が余程ひどくない場合は、普通肌用を使用するのが良いでしょう。
乾燥部はそっと洗って、脂性部は入念に(擦ってはいけない)洗うようにしていきましょう。

化粧水などの水分補給は両方の肌質で必要なので、区別なくしっかり補水します。
その上で、乾燥部に対し、乳液やクリームなどで保湿ケアを行います。

乾燥部と脂性部の差が激し過ぎるという場合は、生活リズムや食事が起因している場合があります。
ですが、程度によっては他の要因も考えられるので、皮膚科で診察してもらうのがいいかもしれませんね。

posted by タカ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。