2008年12月15日

メンズケアコスメレビュー「資生堂メン クレンジングフォーム」

2008110152422_2.jpg今回は、洗顔料「資生堂メン クレンジングフォーム」の感想です。

クレンジングフォームの一番の特徴は、なんといっても泡立ちです。
これまで使ってきた洗顔料の泡立ちもなかなかのものですが、この泡立ちはそれよりも細かくレベルが一段上の印象です。

きめ細かい泡はフワフワしていて、まさにリッチな泡立ちといった感じです。
これを顔につけてマッサージしていくのですが、思わず笑ってしまうほどの柔らかい泡で、細かい泡が毛穴汚れを吸着し、洗い上がりは非常にすっきりします。

洗顔は細かい泡立ちが大事だと思いますので、これのみでも高得点なのですが、これはシェービングにも使用できるのがポイントです。
朝の忙しいときも、これ一つでシェービングと洗顔を平行してできますので、面倒臭がりの人は重宝すると思います。
少し邪道ではありますが、洗顔しながらのシェービングも可能ですよ。

刺激もほとんどないので、乾燥肌の方の洗顔でも大丈夫だと思います。
皮脂も十分に落とせるので、脂性肌の方であってもパワー不足は感じないのではないでしょうか。

すすいだ後も、皮脂は取れているが肌が乾燥を感じることもなくて、しっとりと潤い感が残っています。
なので、乳液や化粧水などもスムーズに伸ばすことができます。
洗い上がりはキュッキュという感触でありつつ、しっとりしています。

ほぼ弱点らしい点がない素晴らしい洗顔料だと感じました。




posted by タカ at 17:10| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

メンズケアコスメレビュー「リキッド フェイスウォッシュ」

2008110152527_4.jpg今回は、洗顔料「リキッド フェイスウォッシュ」の感想です。

パッケージが渋いCLINIQUE FOR MENです。
リキッド フェイスウォッシュは、エクストラとレギュラーの2種類があり、レギュラーは乾燥・普通(乾燥寄り混合肌)で、エクストラは普通(脂性寄り混合肌)脂性肌となっています。

水気が多いので、泡立てるのはとても楽という印象です。
無理にこねなくても泡が膨らんでいきます。
少し泡自体は大き目のようですね。
頑張ってみたものの「ふんわりリッチ」な泡とはなりませんでしたね。

洗い流す時はさっぱり感があまりなく、いつまでもヌルつきが残っているような感覚です。
色々試行錯誤した結果、ぬるま湯よりも冷水で流した方がヌルつきが残らないようです。

洗いあがりですが、脂性向けのわりには取りきれていない印象を受けました。
洗顔後であっても小鼻のテカりが洗う前とそれほど変わらないように思いました。

じゃあ悪いのか、といえば何とも微妙です。
皮脂も取り過ぎることは逆効果なので、これはこれでいいのかもしれませんしね。
脂性向けの洗顔料を使用し続けても、肌が最後まで荒れないことを考慮すると、一概にダメという判断は下せません。

5段階評価で星3つといった感じでした。



posted by タカ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。