2008年10月13日

メンズケアの第一歩、洗顔の手順

メンズケアの洗顔について、正しい洗顔法を書いていきましょう。

まず、お使いの洗顔料を適量手に取ります。
そして、少し水を含ませて手の平でよく泡立てます。
ここが重要です。

少し水を多めに含ませ、通常よりも50%増しくらいの気持ちで、じっくり手の平で泡立てましょう。
すると、同じ洗顔料とは思えないほどの泡立ちが生まれます。
泡が汚れを吸着させますので、泡は多ければ多いほど、細かければ細かいほどいいんです。

十分に泡立ち次第、そっとマッサージするように顔に塗りつけていきます。
気をつけて欲しいのは「擦らない」という事です。
何故かというと擦り過ぎによって肌表面の角質を痛めてしまう場合があるからなんです。

これは、洗顔に限ったことではなく、すべてのプロセスにおいて共通の約束事であると思ってください。
あくまでもマッサージ程度で十分です。

小鼻やTゾーン周辺の脂浮きしやすいところを重点的に洗顔したあと、水やぬるま湯でしっかり洗い流します。
ちなみに熱いお湯を使うのは刺激になりますのでNGですよ。

そして、ここも手を抜きがちなのですが、すすぎ残しがないよう、顎の下も含めてしっかりすすいでください。
脂性肌の人は、すすぎは水でした方が、毛穴が引き締められる効果があるそうですので実践してみてください。

そして拭き取りです。
清潔なタオルで拭きますが、当然ここでもゴシゴシと擦るのは厳禁です。
軽く押し当てるか、もしくは叩くように当てるだけでOKです。

どうですか?
洗顔はメンズケアの基本です。
注意点ばかりですが、慣れればそれほど対した手間ではありません。
1週間も継続すれば、洗いあがりの肌が全く違う事に気付きます。
とにかく試してみてください。




2008091172546_2.jpg
posted by タカ at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。