2009年03月31日

「フォーミング フェースウォッシュ(DHC)」

今回はDHCの洗顔料「フォーミング フェースウォッシュ」の紹介です。
 
軽くノズルを押すと、モコモコ泡が出てきます。
一回の使用量はゴルフボール1つもしくは2つ分、とありますが、実際には1つ分で十分という感じです。
 
泡白体は細かいですが、意外と軽く、「リッチな泡立ち」を期待している方には少し物足りないかもしれませんね。
使用量を増やしても変化がなかったので、こういうものなのだと思います。
このあたりは好みが分かれるのではないでしょうか。
 
手に乗せた瞬間、すぐに洗顔できるほどの泡立ちなので、朝忙しい時に便利です。
手早く顔のうえで転がし、洗い流した際の泡切れもまずまずです。
日常の洗顔で手間取るようなことはありません。

ただ、この泡立ちは洗顔専用と割り切った方がいいでしょう。
というのも、泡が細かいからといっても、シェービングフォームの代用にはならないみたいです。
試してみましたが、軽い泡だからか刃の滑りは思ったほどでなく、深剃りには少し向きません。
 
また、混合肌や乾燥・敏感肌の場合、使用を続けていると、頬周辺のカサつきが進行していくような気がします。
洗顔後、化粧水を使う際も、刺激があるものですと結構ヒリヒリしてきます。
洗顔料そのものが悪いとは思いませんが、これらの肌質の方は、場合によって使用は避けた方が無難かも。
 
その他の部分には影響はない感じですので、脂性肌や普通肌の方は、問題なく使えるでしょう。
 
 20090311193035_5.jpg
posted by タカ at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。